それから

ちょいと読んでかない?

当ブログの読者登録は↓

雑記

骨盤と人生

最近、ダイエットをして約8kg体重が減った。これくらい体重が減ると、さすがに自分でも身体が薄くなったと感じる。顔とか、お腹とかはもちろんだが、意外にもいちばん痩せたことを実感する部位は、骨盤である。違う、骨盤は痩せてないな、骨盤の周りの肉が減…

恋は立ちのぼるもの

以前書いた記事(脆弱な未来 - それから)の中で、私が他の男性とデートしそうになった時、「複雑です」と言った男性と、デートをしてきた(ややこしいな)。 イタリアンを食べて、コンサートに行っただけだけれども、デートといって差し支えないと思う。い…

脆弱な未来

「デート(のようなもの)に誘われたんですけど、いざ誘われるとおしゃれとかするのがめんどくさいです。でも行った方が良いとは思うんですよ。なので背中を押してください」 と、とある男性にLINEを送ったら、 「なんかちょっと複雑です」 と言われた。「『…

生き残りしもの

半年に一度くらいのペースで、断捨離ブームが訪れる。 とにかく捨てる。なんでも捨てる。1K=キッチン2畳、居間兼寝室6畳の狭いこの我が城に詰め込まれた服、小物、本などの内、もうこの城の王たる私に見限られたものたちをどんどん粛清していく。この大…

ビートルズなんて知らない

昨年姉が結婚いたしまして。で、早くも今月姪っ子が誕生する予定です。めでたい。とてもめでたい。 で、まあ、それ自体には何の問題もないのですが、ふと思ったことがありまして。 それは、姪っ子は、ビートルズを知ることになるだろうか? ということ。 と…

SMAP解散騒動で私が思い浮かべた言葉

以前書いた記事(幸福な発見ーーオアシスのこと - それから)の中で、私がオアシスの解散を知った時に頭に浮かんだ言葉として、下の歌詞を引用した。 Please don't put your life in the hands (でも頼むからロックンロール・バンドなんかに) Of a Rock n …

ミュージシャンにお腹の鳴りやすい人はいないのか

夜、湯船に浸かりながら、「カウントダウンTVをご覧の皆さんこんばんは、◯◯です」って何回か練習したことあるくらいには阿呆な私であるが。そんなことをしてしまうくらいミュージシャンという職業に憧れを持っているということでもあり。それゆえか最近、こ…

曇天の旅

職場の人から、結婚の報告を受けた。夫婦になる二人は、共に自分と同じ部署の人で、実におめでたいと思った。自分でも驚くほど嬉しくて、興奮してしまって、同じく同僚の後輩(20代男)にこんなLINEを送った。 「某さんと某さん結婚するんだってね! お似合…

いじめられていた私が流した、心の血

中学二年生の男の子がいじめを苦に自殺したと思われ、それに関する報道が連日行われている。報道を見聞きする度、私の心は痛む。何故なら私も小学生の時にいじめを受けた身だからだ。世の中の「いじめられたことがない人」が同じ報道を目にした時とは、どう…

仕事の化学反応

珍しく仕事の話でもしようか。前回の記事(救いてえんだよ - それから)で書いた「先輩」が、ついに私たちのいるフロアから完全にいなくなった。そしてその先輩の不在で気づいたことがある。私は、あまりにも仕事が出来る人が至近距離にいると成長しないタイ…

救いてえんだよ

andymori"1984〜ONLY SSTV EDITION〜" - YouTube なぜだか猛烈にこの曲をリピートしたくなる日が1年の内に3日くらいある。 andymoriの「1984」。子どもの頃見てた夕方の景色が目の前にぐわぁーっと広がっていくのがたまらない。作詞・作曲をした小山田壮平…

素晴らしきかな、悩める人生

十七歳の地図posted with amazlet at 15.05.20尾崎豊 ソニー・ミュージックレコーズ (1991-05-15)売り上げランキング: 1,594Amazon.co.jpで詳細を見るこの前、実家に住む歳の離れた姉に、メールでこんな質問をした。 「尾崎豊の『僕が僕であるために』の『僕…

姉と私のことーー【ブロガー連動企画】本をプレゼントした/されたエピソードについて

ふくろくんさん (id:Chachapo)がこんな記事を書かれていたので。 【ブロガー連動企画】本をプレゼントした/されたエピソードについて書こう! - 流線を描く煙 なんだか面白そうだな、と思い、私のエピソードを書いてみようと思います。 1.本の紹介 君はおり…

恋の終わりとタクシー

この前、好きな人の部屋に行った時、 「好きじゃない」と、言われた。 「好きじゃないけど、一緒に部屋にいるとそーいう気分になってしまうから、辛い」と。 はあ、そうですか。なるほど男の人ってそういうもんなんだ。 と、わかってはいたけれどはっきり言…

100%の女

しばらくブログをほったらかしにしてしまった。仕事が忙しかったというのもあるけれど、「書く」ということに対して100%気持ちが向いていなかったのが原因だと思う。そう、私は物事に対して100%の心持ちで挑まなければ気が済まない女だ。そして自分の中で…

「まともじゃない」ということ

正夢posted with amazlet at 14.03.21スピッツ ユニバーサルミュージック (2004-11-10)売り上げランキング: 202,279Amazon.co.jpで詳細を見るこの記事を書きながら、スピッツの「正夢」という曲を聴いている。良い曲だ。今日みたいな祝日の午後に聴くと癒さ…

日本全国お笑い芸人化現象が怖い

あの、私、この前スベりまして。どういう感じにスベったかといいますと、まあ職場の飲み会の二次会でカラオケに行ったんですけど、そこでまあ「歌え」みたいな雰囲気になったので、中島みゆきの歌を歌ったわけですよ。まあ「歌うやつは笑い取れ」みたいな雰…

恋と鼻毛

以前書いたくるり のこと - それからという記事の中で、私は初対面の男性の「ねえ、俺、鼻毛出てない?」という一言で恋に落ちた、という話をした。 そういえば、もう一つ鼻毛にまつわる出来事があったなあ、と思い出した。なんか鼻毛鼻毛言っててゲシュタル…

フミヤくんの時間差攻撃ーーバレンタインの思い出

明治 ミルクチョコレート 58g×10個posted with amazlet at 14.02.13明治 (2010-10-22)売り上げランキング: 44,344Amazon.co.jpで詳細を見るバレンタインデーの思い出でも記そうかな、と思う。私が男の子に初めてバレンタインのチョコをあげたのは小学2年生の…

夫婦仲における運動神経

ブルーバレンタイン [DVD]posted with amazlet at 14.02.04バップ (2011-09-28)売り上げランキング: 14,591Amazon.co.jpで詳細を見るバレンタイン間近のカップルを地獄に突き落とすような映画を紹介します。意地悪でごめんなさい。結婚に夢見てる人にはきっ…

メロスになってくれた人

走れメロス (新潮文庫)posted with amazlet at 14.09.22太宰 治 新潮社 売り上げランキング: 8,067Amazon.co.jpで詳細を見る私はあんまり頭が良くないので、愛ってもんがどういうもんかずっと考え続けているし、私の周りの友達がすっと乗りこなしているよう…

無駄かもしれない時間を楽しみたいーー映画のエンドロールを最後まで見るか否かについて

ゼロ・グラビティ [DVD]posted with amazlet at 14.01.29 Amazon.co.jpで詳細を見るお正月に映画館で「ゼロ・グラビティ(3D)」を観てきた。 いやあ、すんごかった。すんごいものを見させていただいた。それについては追々書くとして。今日は映画のエンドロ…

動揺して欲しかったーー男友達のこと

男友達に、ふざけてこんなメールを送った。 「デートしてください☆」 その男友達とは、今まで何回も二人きりで色んなところに出掛けていたし、こんなメッセージを送ったからといって、向こうが動揺することはないと私はわかっていた。 「いーよー」という、…

価値観の違いの恐ろしさ

この話の主旨にドトールコーヒーはあんまり関係ないのだけども、ドトールコーヒーという響きによって堅っ苦しいエントリタイトルを緩和していただくために、この記事ではドトールコーヒーを連呼しております、はい。数年前のことなのだが、私はとある駅近く…

浅田真央選手に(勝手に)贈るプレイリスト

浅田真央ちゃんが好きです。外見もさることながら、釈迦のごときトリプルアクセルへのストイックさに惚れ惚れします。妹にしてなでなでしたいです。あ、私は女です。一応言っておきます。ソチ五輪への出場が決まり、早く五輪が始まらないかなあと今からわく…

違う種類の涙

祖父の葬儀が終わってすぐのある夜、お酒の弱い父が、珍しく一人で酔っ払って饒舌になっていた。 「わきゃきゃきゃきゃ〜、お母さん愛してる〜」とわけわからんことを赤ら顔で叫んでいた、馬面の父。 祖父が亡くなってすぐにも関わらず、ぶぶぶっと笑ってし…

人は「ゆとり世代」を作り出している

私はぎりぎり「ゆとり世代」ではない。 とはいえ「ゆとり教育」はすでに私の代で始まっていた感がある。「総合的な学習の時間」とやらは授業に組み込まれていたし。だから、私より上の世代の人から見たら、私もゆとり世代だとみなされるかもしれない。 しか…

「どうでもいい力(りょく)」

地元(田舎)で行われた祖父の通夜や葬儀には、様々な人が訪れた。 まあ予想はしていたことだけれど、以下のことを異口同音に聞かれた。「仕事は何をしているの?」 「何歳になったの?」 「結婚はまだ?」→「(私)まだなんですよ」→微妙な顔 「いい人はい…

二つの魂ーー続々・祖父のこと。

誇りーー続・祖父のこと。 - それから 上の記事を書いた数日後、祖父が亡くなった。 祖父のことをこのようにまとまった文章にしたことは今まで一度もなかったから、何かを感じてしまう。もしかしたら祖父が、「俺のことをちょっと文章にしてみてくれんか」と…

傷つけられたことよりも、傷つけたことをーー私のいじめの話

先日のことだ。 私は母の運転する車に乗って、祖父の入院している病院へ向かっていた。その道中でとある家を通り過ぎる時、母が言った。 「ほら、ここ、○○ちゃんの家よ」 ○○ちゃんとは、私の小中学校の同級生のことである。その家は、とても大きくて立派で、…