読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それから

ちょいと読んでかない?

小説はこちらで読めます。ぜひ。
https://kakuyomu.jp/users/toriyama_lukas
もうひとつのブログはこちら。お時間ありましたらどうぞ。
http://ijimerarekko.hatenablog.jp/
当ブログの読者登録は↓

SMAP解散騒動で私が思い浮かべた言葉

雑記 音楽

以前書いた記事(幸福な発見ーーオアシスのこと - それから)の中で、私がオアシスの解散を知った時に頭に浮かんだ言葉として、下の歌詞を引用した。

Please don't put your life in the hands
(でも頼むからロックンロール・バンドなんかに)
Of a Rock n Roll band
(君の人生をゆだねたりはしないでくれ)
Who'll throw it all away
(自分にさえ責任が持てないような奴らに)


ーー「Don't Look Back In Anger」Oasis

SMAPは「ロックンロール・バンド」ではないし、「自分にさえ責任が持てないような奴ら」ではないと思うけれど(むしろ責任を持ちたいのに色んな大人の事情が絡み合って持てない?)、私はとりあえず、好きなバンドやらグループやらが解散しそうになった時はこの歌詞を思い出して落ち着くようにしている。

ちょうど偶然、前回の記事(Backstreet BoysとV6の不思議な共通点と、そこから見るチームプレイの素晴らしさ - それから)で、SMAPの事務所の後輩であるV6について書いたところだった。V6が同じ事務所に所属して20年間解散せずに活動しているのは、間違いなくSMAPという先輩グループが先を歩いてくれているお陰であるし、本音を言えばSMAPには解散して欲しくない。だってそれは私の、永遠に続いて欲しい奇跡で、物語だから。

だって家族以外で、20年以上も苦楽を共にする関係って、ほとんどないと言っても過言じゃない。同僚だって異動とかあるし。そうでなくっても、会社の同僚と同じグループで活動することは絶対濃さが違うもの。それはV6長野氏も言っていて、「普通の会社に勤めていたら得られない関係性だと思う」*1と言っている。
それを彼らは私たちに見せてくれる。見せた上で、歌やら演技やらバラエティやらで楽しませてくれる。そして私は、自分じゃ得られない奇跡を、彼らを通して目の当たりにする。自分では絶対に作れない物語を。

だけど、もしも彼らが自分自身の意志でその物語から離脱したいと希望していたなら。私にはそれを反対することは出来ない。あくまでも私には。だってそれは彼らが作った物語(および商品)だから。物語をどう終わらせるか、はたまた終わらせるのか終わらせないかは彼ら次第だと思う。もちろん、その物語に長年投資した事実があるから解散してほしくないファンの気持ちもわかりすぎるのだけど。そしてSMAPという物語が巨大になりすぎたことと、大人の事情が絡み合って大変難しくなってしまっているんだとわかるんだけれども。

とりあえず、私は冒頭のオアシスの歌詞を心に思いながら、彼らの動向を見守っています。
本当は、みんなが笑顔になれる道があれば良いんだけどね。
無理なのかな。無理かもな。悲しいなあ……。
www.youtube.com

*1:「V6 20th ANNIVERSARY SUPER Very best」初回生産限定盤A DVDより