読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それから

ちょいと読んでかない?

当ブログの読者登録は↓

「クズの本懐」は何が「クズ」なのか

あらすじ(Amazonより引用)
私たちは、人間のクズだ――。
品行方正な美男美女カップルとして、周囲から羨望の眼差しを浴びている花火と麦。理想的な男女交際に見える二人は、誰にも言えない“ある秘密"を共有していた。

※第1巻〜第4巻を読んだ所感です。
この漫画、タイトルに「クズ」とあるということは、主人公の行いが「クズ」であるという前提のもと物語が進んでいるのだろう。その割には、作中に主人公カップル(花火と麦)を「クズ」だと罵る第三者は存在しない。そして、当のカップルも、偽装的に付き合っている相手のことを罵るわけではない。彼らは、大体において相手ではなく自分自身を「クズ」として心の中で罵り、嫌悪する。とても内向きの嫌悪。そんな印象が強い。

そう遠くない昔のこと、私には好きな人がいた。その人は、私より四つ歳上で、部屋の壁には何だかよくわからない綺麗な小瓶が飾ってあり、可愛らしい鳥のオブジェが観葉植物の陰からちょこんと覗いていて、「音楽をかけよう」と言って流れてくるのはボサノヴァ風のジブリ。顔は少し崩れたディーン・フジオカみたいな人だった。今思えばなんかそのお洒落なところが妙な可笑しみを持っているのがわかるのだが、当時の私は本気でそれをお洒落と思っていたし、それは恋のなせる業に他ならない。
とにかく、私はフジオカさん(仮名)が好きだった。
フジオカさんとは、私が彼の一人暮らしの家に行くことで交流が行われていた。逆に言えば、フジオカさんと私の繋がりはそれだけで、食事をしたり、デートをしたりということは一切なかった。その時点で、女性として大切にされていないことに気づけば良いものの、気づかないふりをし続けるのも、恋のなせる業に他ならない。
ちなみに、何回か家に行ったものの、性行為にはまだ至っていなかった。それは、もう別に生娘でもあるまいに、私の中に妙に操を重視する性質があって、「正式にお付き合いをするまでは最後までしては駄目ざます」という規則が存在していたからである。
だが、何度会ってもフジオカさんは私に告白してくる様子はなかった。ゆえに、私は自分からフジオカさんに訊いてみることにした。私は小さい頃から何事も自分で答えを見つけないと気が済まないタチなのだ。何で虹は七色なの。何で空は青いの。何で宇宙は暗いの。何でフジオカさんは部屋に私を入れてキスして添い寝するのに告白してこないの。なんでなんでなんで?

「私のこと好きなんですか? 私はフジオカさんのこと好きですよ」
「別に、好きじゃない」
「じゃあ何なんですか」
「好きとか嫌いとか、そういう0か100かみたいなのは、怖い。好きじゃないけど、一緒に部屋にいるとそーいう気分になってしまうから、辛い。だから、彼女とかじゃなくて、なんか、こう、寂しい時に、お互いの寂しさを埋めるような関係だったら、良いけど」

理解できません。多分、相対性理論よりも理解出来ないと思います。私はフジオカさんのダッチワイフになる気はありません。今ならそうバシッとベシッとフジオカさんに言える自信があるけれど、その時の私はそんなことは言えず、じゃあ無理ですね、とかなんとか言って自宅へ帰った気がする。好きだったから。少し顔の崩れたディーン・フジオカが。良くわからないカタカナの調味料とかあったけど。やたらクッションの置いてあるソファとかあったけど。

クズの本懐」を読んで思ったのは、これはフジオカさんの、「寂しい時に、お互いの寂しさを埋めるような関係=端的に言えばセフレ」にならないか、という提案を、受け入れられる人の話なんだなあ、ということだ。先に書いた通り、私はその提案にのれる人間ではない。自分のことを好きでもない人間とでも良いから寂しさや欲求を解消したいという考えに共感が出来ない。相手がディーン・フジオカだろうと西島秀俊だろうとジョージ・クルーニーだろうと、私はその様な価値観にNOを突きつける人間なのだ。だから私にとっては、フジオカさんは「クズ」として認定された。多少の心の痛みは味わったものの、今振り返ってみればやはり私は間違っていなかったと胸を張れる。

一方で、「クズの本懐」における偽装カップルは、お互いの性的欲求を、一番好きな人で晴らすことが出来ないゆえに、手近にいる同じ境遇の者でそれを満たそうとする。お互いが、納得の上で、である。果たしてそれは、「クズ」か? 一方が苦しい想いをしているならまだしも、お互いが対等な関係であるならば、相手は自分にとって「クズ」になることはない。ここまて来て、ああだから、この漫画のカップル(特にヒロインの花火)は、自分のことをいちばん「クズ」だと思うんだ。それが内向きの嫌悪の原因だ。と思い至った。花火の中には、「好きでもない相手と性的な行為をすること」に対する嫌悪が存在しており、だからこそそれをしてしまっている自分自身が最も「クズ」だと感じているのだ。花火のモノローグのシーンで、もう一人の花火が登場し花火自身を糾弾するカットがそれを良く表している。

そう思ってこの漫画を見てみれば、主人公カップルには好感すら覚える。欲望に抗えずに苦しむところは、かなり普遍的で人間臭い。
本当に怖いのは、自分が相手より優位な立場でいることを知りながら、自分の欲求だけを満たす行為である。フジオカさんがしようとしていたのはそういうことで、この漫画の3巻以降である人物がとっている行為も同じくである。現状、まだ私は4巻までしか読んでいない時点でこれを書いているので、この後このカップルが人を傷つける行為をしていくとしたら、悲しいなあ(すでにえっちゃんが壊れてきてるし)。

私はその行為にNOと言える人間でありたい。それは自分の尊厳を守ることだから。相手を「クズ」にしないためにもね、自分を「クズ」にしないためにもね。それから、年齢とは関係なく、そういう自分の気持ちと乖離した性行為は、自分の心を磨り減らすのを知っているから。崩れたディーン・フジオカごときに大切な心の一部を差し出す必要はない(ディーン・フジオカさんに罪はない)。ようやく三十年ほど生きて、そういうことに気づきましたよ。

クズの本懐」、良い漫画です。